インクグロウ株式会社

お知らせ

2020.08.31お知らせ

株式会社中国銀行との提携のお知らせ

 中小企業の事業引継ぎを支援するマッチングサイト「事業引継ぎ.net」(https://www.hikitsugi-net.com/)を運営するインクグロウ株式会社(所在地: 東京都中央区、代表取締役社長: 鈴木 智博)は、株式会社中国銀行(所在地:岡山県岡山市、取締役頭取:加藤 貞則)と業務提携に至りましたのでお知らせいたします。

■業務提携の背景
 全国的に中小企業の後継者不在が喫緊の課題となる中、岡山県でも県内企業の後継者不在率は61.8%となっており中国5県では70.6%になるなど、経営者の高齢化を背景に、中小零細を中心として後継者不足が鮮明になっています。また、後継者の属性では、子供・親族・配偶者などが74.3%を占めており、今後、第三者承継(M&A)を推進する事が求められています。(帝国データバンク2019年 「岡山県 後継者問題に関する企業の実態調査」、「中国地方 後継者問題に関する企業の実態調査」)
 そのような中で、新型コロナウイルスの影響を受けて経営環境が悪化している事から早期に休廃業を選ぶ企業も増加すると見込まれています。東京商工リサーチによると、全国で2020年に5万社が休廃業や解散し20万人の従業員に影響が出ると推計されており、事業を存続させ、雇用を維持するために事業承継のサポート強化が急務となっています。

 今後高まる第三者承継ニーズに対して課題となるのがマッチングです。従来は、本部担当者が取引先の中から人力で候補企業を探し結びつけていましたが、今回「事業引継ぎ.net」にこれまで行内でヒアリングしたニーズを登録・蓄積していくことによりマッチングを仕組化できます。自動でニーズがマッチングされる機能を活用する事で、これまで以上に漏れがなくスピーディーなマッチングを期待できます。また、行内だけでマッチング先が見つからない際は「事業引継ぎ.net」のネットワークを活かし、他金融機関顧客とのマッチングを行う事で、マッチング機会を増加させます。

■「事業引継ぎ.net」について(https://www.hikitsugi-net.com/)
 地域金融機関が顧客企業のM&Aを支援する金融機関専用のクローズドサイトです。サイトを活用したニーズのマッチングには、「60~70代の経営者の多くはWEB活用が苦手」「WEBで情報交換をした“顔の見えない”企業は不安」等があげられます。「事業引継ぎ.net」は、金融機関の行職員同士が中小企業経営者に代わりデータ登録から交渉までを行う事から安心したマッチングサポートを受ける事ができます。

 2019年6月のサービスリリース以来、計16行庫の金融機関と提携。提携ネットワークを通じた買い手企業登録は2,500件以上、公開されている売り手企業への問い合わせ発生率は70%となっています。(2020年8月現在)
今後、近隣エリアでの更なる金融機関との提携や公的機関などとの連携、広域での金融機関連携も積極的に進める事でネットワークの拡大に力を入れ入れる事で中小企業の事業引継ぎの選択肢を最大化してまいります。

※本取り組みは、持続可能な開発目標SDGsのゴール8「働きがいも経済成長も」、ゴール9「産業と技術革新の基盤をつくろう」につながる取り組みです。